Harness Club
私達ハーネスクラプは、目の不自由な人達や盲導犬のことなどを
もっと知ってもらいたいと、目の不自由な人達と一緒に活動しています。
「ハーネス」は、目の不自由な人と盲導犬をつなく大切な用具です。
私達「ハーネスクラブ」もそういう大切な役割を担っていけるようになりたいと考えています。
ブログを通じて私たちの活動を紹介したり貴重なご意見を頂きたいと 思っています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もっと知りたい盲導犬セミナー
ボランティア団体活動助成金事業

もっと知りたい盲導犬セミナー

日時  平成22年2月13日  10;30~12;30
場所  鴻巣市社会福祉センター  入場無料

講師  東日本盲導犬協会
訓練士 西原 健司
  (内容) 
盲導犬使用者・白杖使用者のガイド法
盲導犬との体験歩行など


皆様のご参加をお待ちしております。  
スポンサーサイト
「障がい者週間」記念のつどいに参加して
「障がい者週間」記念のつどいに参加して

12月5日(土)・・・鴻巣市総合福祉センター

当日は、途中であいにくの雨天となりましたが、たくさんの来場者があり、
にぎやかな催しになりました。
ハーネスクラブでは、パネル展示、花の苗、グッズの販売、スタンプラリー
(盲導犬は、信号機の色がわかるの?と言う質問に答えてもらいました)
を行いました。

視覚障がいバーチャル体験

コインや紙幣に見分けがあることや、シャンプーとリンスの容器に違いがあることを知っていますか?
コップに溢れさせたりしないで、水をいれることができますか?
こんな体験をアイマスクを付けてやっていただきました。
皆さん、初めての体験に真剣な様子でした。
コインは、大きさや周りにぎざぎざが有るか無いかで見分けます。
紙幣は、重ねた時の大きさや角についている識別マークで見分けます。
ただ、このマークは、私たち視覚障がい者でも非常に分かりにくいもので、体験した方たちには、ほとんど解らなかったようです。
「106円、お願いします。」「515円、お願いします。」という具合に、私達の言う金額を捜していただきましたが、なかなか難しかったようです。
次に、シャンプーとリンスの容器ですが、これは、知っている方と知らない方と半々くらいでした。
容器の側面に線が入っているのがリンスで、入っていないのがシャンプーです。
その他には、液体センサーを使ってコップに水を入れる体験や音声の体重計、携帯電話、蓋を開けて針に触れる腕時計、点字の付いているトランプなどを見ていただきました。
冗談に、「これで、見えなくなっても大丈夫だな」などと言ってくれた方もいました。
1時間という短い時間でしたが皆さん、楽しみながら一生懸命取り組んでくださったと思います。
学校での総合学習ではよくすることなのですが、今回は、大人の方の参加で良かったと思います。
そして、その間ずっと私の横で、静かに体験の様子を見ていた盲導犬リッチへの関心が高かったのは、言うまでもありません。
最後に、この体験は、一般家庭でも簡単に出来ることなので、ぜひやってみてください。
御協力ありがとうございました。

互いに、思いやりをもち支え合うことによって「誰もが住みやすい街」が出来るということを考えさせられた1日でした。
   当日、ご参加、御協力いただいた皆様、ありがとうございました。



プロフィール

ハーネスクラブ事務局

Author:ハーネスクラブ事務局
鴻巣市社会福祉協議会
〒365-0062
埼玉県 鴻巣市箕田4211番地1
TEL:048-597-2100
FAX:048-597-2102



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。